中野坂上エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 中野坂上校】へお任せ下さい。

menu

中野坂上エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 中野坂上校

”歴史”の成績を上げるにはどうしたらいいの?

歴史を英語で

”history”

これは、

”his”(彼の)

”story”(物語)

ということだそうです(確かに)。

 

さて、歴史の成績を上げるには…

歴史を好きになること!

(どんな科目でも、好きになれば成績は上がる!)

 

では、どうすればいいか?

 

まず、大まかなあらすじを覚える

(だって、歴史は「物語」ですから)

 

次に、歴史を身近に感じる

(歴史も歴史上の人物も、

現在とかなり繋がっています。

たとえば、世の中のリーダーになった人は

ルール(=法律、きまり)を作りたがります。

必ず作ります。

これは、昔も今も同じですね。)

 

話を戻すと、

あらすじさえ覚えてしまえば、

どんな言葉でも、どんな問題でも、

勉強すればするだけ、

頭に入ってきますよ!

 

私事ながら、昨年の夏休みに「奈良の大仏様」を訪ねました。

(初めて、リアルな大仏様を拝みました)

教科書で出てくる「金剛力士像」も見ました。

大仏が造られたのは奈良時代です。

この当時のざっくりした流れですが、

聖武天皇が、大仏を造るよう命じました。

世の中の悪いことを「仏の力」で倒そうとしたからです。

 

では、大仏を造ったのは誰か?

「一般の人々=農民」です。

大仏の完成には20年近くかかりました。

聖武天皇は、当時の「雑徭」で彼らを集めたのです。

働き盛りの男の人が、田んぼを耕さずに、

長い間大仏を造る仕事をすれば、どうなるか?

 

地方の田んぼは荒れて、

大仏を造ることで、人々は貧しくなっちゃったんですね。

 

だから…、と話はつきませんが、

 

歴史は「story=物語」です。

 

だからこそ、

「暗記」の前に、

あらすじをつかんでくださいね~!

 

先ほども記しましたが、

あらすじさえ覚えてしまえば、

どんな言葉でも、どんな問題でも、

勉強すればするだけ、

頭に入ってきますよ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

カテゴリー

英才個別学院 中野坂上校 フェイスブック
英才個別学院 中野坂上校 ツイッター
英才個別学院 中野坂上校 YouTube チャンネル
英才個別学院 中野坂上校 Google+